パグりずむ

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
29
 
春です。

UPが遅くなり、心配してくださっていたみなさんごめんなさい。


春夫くんが書いてくれたとおり17日にみうが虹の橋へ旅立ちました。


長かったのか短かったのか・・あっという間に過ぎてしまった闘病生活。

そして みうとの生活。


DSC01944.jpg



私たちは みうが亡くなった直後、

ようやく苦しさから解放されて良かったと 心からホッとしました。

悲しさよりも先に 「みう~がんばってくれたね~楽になってよかったね~」

と言えたのは

私たちができることはすべてやりきったと、

そう思えたからだと思います。

主治医の先生は 休診日でも診察をしてくれて

私は出来る限り仕事への復帰を遅らせて(社長の協力もあり)

甘え盛りの春太郎も みうのことは理解していたようで

この5ヶ月

春家はみう一色でした。

SN3J0213.jpg

でもね、不思議と 全然負担じゃなかったんですよ。

どこに行くにも 何をするにも みうがいるから制限されていたけど

誰も、何も 苦じゃなかった。

じぃじもばぁばも 春太郎に会いたかったろうけど 一言めはみうの心配だった


春太郎は いつもみうを ヨシヨシしてくれた


DSC01959.jpg


どんな姿になっても ずっとみうは当たり前に家族の一員でした。

葬儀のときは姉ちゃんが駆けつけてくれました。

小春のときもすっ飛んで来てくれて 支えてくれた姉ちゃん。

すごいかわいがってくれたよね


みうが旅立った直後は 平気だったのに

少し時間がたった今、

なんとも言えないさみしさが こみあげてきています。

言葉に出すのが怖かった

言ってしまうと 止まらなくなりそうで、

どうにもできないから なおさら。


みう。
3_20110529144239.jpg

やっぱり

さみしいなぁ。


居ないのは

さわれないのは

ここに 居ないのは

さみしいよ 会いたいよ もっと一緒に居たかった!

春太郎とも遊んでほしかった!

喧嘩して、走り回って、楽しい思い出作りたかった!

またみんなで一緒に寝たかった!!

たくさん笑顔、笑い声、見せたかった 聞かせたかったよ

もっと色んなところに遊びに行こうと思ってたのに

いっぱい思いで作ろうと思ってたのに

これから 春太郎とみうっちの成長がなによりも楽しみだったのに!!!


なんでなん・・もっと

もっともっともっと 一緒におりたかったよぉ・・

早すぎるよぉ・・

DSC01905.jpg



みうが居ない家は とても静かで

春太郎が一人でつまんなそうに遊んでいる後姿を見ると

みうが居たらと想像していたり

春太郎の散歩に行くとき みうが居ないか振り返ってみたり

みうの影を探します。

小春のときもそうだったなぁ。

DSC01748.jpg




23日から仕事へも復帰し、

春太郎がいてくれるので バタバタと忙しい毎日を送れているので

少しは気がまぎれるのですが

やっぱり


心にぽっかりと 空白ができてしまったようで・・


小春のときは それはもう言いようがないくらいの空虚感。

気持ち良く抱っこしていた風船が突然割れてしまったような・・


みうはが居ないさみしさは

手のひらから 砂がさらさらと流れ落ちていくような感覚。

じわじわと ひしひしと感じてきます。

DSC00060.jpg


亡くなってから 全然泣いていなかったのに

ここに書くと 気持ちが整理されてきて

感情がぶわっと出てしまって 大泣きしてしまいました。



少しだけ すっきり。



みうに会えてよかったなぁ ほんとに。

DSC01658.jpg

みう、たくさんの友達作ってくれて ありがとうね。

みんないい人。大好きな人。みうのおかげで出会えたよ。

これからも その絆 みうからの宝物だから大切にしていくよ。

DSC01705.jpg
小春姉ちゃんと会えたかなぁ?

田舎のばあちゃんとハナとも会えたかなぁ?

痛いところはもう無いかなぁ?

元気に楽しく遊んでいるかなぁ?

虹の橋で待っててくれるかな?

まだ先になると思うけど 父さんと母さんと春太郎も行くけん。

それまでは こっちでみうと小春の幸せを祈っとるよ。




**************************************************

みうのこと 心から心配してくださったみなさん

メールくださった方

いつも気にかけて 支えてくれて 来てくれたみんな

本当に本当にありがとうございました。




スポンサーサイト
    15:47 | Comment : 7 | Top
Comment
2011.05.29 Sun 16:44  |  ムムポン #-
うんうん。
泣きんちゃい。
私も泣く。

春ちゃんの顔見たら
涙出そうで…。
話すと泣きそうで…。

頑張ってる春ちゃん。
気が張ってる春ちゃん。
私が泣くと、春ちゃんの張った糸が…
って心配になったり。

今、この日記読むと
ほんと今なんぢゃね。
さみしいよね。
手のひらから砂がさらさら…って感覚。

もうなんて書いていいかわからん。
胸やら目が熱くなってくる。

でも、ありがとう。
みうっち家。

  URL  Edit
2011.05.29 Sun 18:07  |  ちぃち #-
春ママさんこんばんわ‥私がみうちゃんの旅立ちを知ったのはてんちゃんるなちゃんのブログでした‥涙が止まらず静かに春ママさんのブログ更新を待つ事にしました‥みうちゃんのご冥福をお祈りいたします。そして春ママさん、春夫パパさん春太郎君本当にお疲れ様でした‥大切な愛娘みうちゃんは虹の橋で痛みや苦痛から解放されご飯やおやつを沢山食べて春ママさんファミリーを見守っていますよ…私も同じ病気を経験し今も悲しみは深いですがみうちゃんも我が家のメルモも私達の心の中で生きています‥私もメルモと一緒に春ママさんファミリーとみうちゃんにお会いしたかったです…お体には十分気をつけて下さいね…『みうちゃん偉かったね…頑張ったね』みうちゃんを沢山ほめてあげて下さいね…
春ママさんへ  URL  Edit
2011.05.29 Sun 19:56  |  zulu #-
最期のね みうっちのお顔
とても優しくホッとしたお顔じゃったね


忘れられんよ。あんなに可愛い子

涙がタプタプになったけ

またね

neroが虹の橋に渡る時はみうっちが先輩じゃけ
がう!ってしちゃれ!!
  URL  Edit
2011.05.29 Sun 21:31  |  サチまま #QIOiW1.w
春さん春夫さんお疲れ様でした
春さんちのブログポッチってするのは毎回勇気がいりました
更新してない時はホットしておりました
今回だって正直恐々でした・・・が
開いたとたんドッキ!!
涙が・・・・むわ~ぁっとあふれ出てこいて文字がぼやけて

そっか、みうちゃん逝っちゃったんだね
春さんの腕の中で、もう、苦しさと、痛みに解放されたんですよね
小春ちゃんが虹の橋の入り口でみうちゃんの事待っててくれたでしょう
2歳と10ヶ月短い間だったけど短いながらもみうちゃんの犬生は凄く濃いよね
みうちゃんありがとう みうちゃんのご冥福をお祈りいたします


  URL  Edit
2011.05.29 Sun 21:46  |  みお。 #4lXsiBFM
みうっちも春さんも頑張ったんですね・・・

読み終わって泣けて泣けて

遊ぶのが下手くそなこのタンと、仲良くしてくれたみうっち

ありがとう!!

そして少しの間だけさようならだね

このタンも、オバちゃんもそのうちそっちに行くから

もし出会ったら遊んでね。

  URL  Edit
2011.05.29 Sun 23:14  |  chinton #-
みうっち。
ほんとうにほんとうによく頑張ったね。
春さん、春夫さん、春太郎くん。
お疲れ様でした。

あたしはみうっちに助けてもらってました。
ほんとにしんどい職場で働く中でみうっちに会えることが楽しみでした。
みうっちありがとう。
ほんとにありがとう。

なんだか涙がとまらなくて書けないのでまたコメントさせてもらいます。
  URL  Edit
ほんとにほんとに・・ほんとにほんとーに
お疲れさま。
春ちゃんも、春夫くんも、春太郎くんも。
そして、 みうちゃんも!
  URL  Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
☆☆☆☆☆

春


パグとの生活。

春(haru)
*1981.7.15生
*島育ち
*趣味:植木、釣り、写真

春夫(haruo)
*1979.10.8生
*趣味:釣り

パグ
みう(miu)
*春家の2代目パグ
*好物:野菜、果物、豚耳
*好きな場所:海
*苦手:雷、男の人、抱っこ


小春(koharu) 1_20090530180419.jpg
*春家の先代パグ
2008.7.5永眠 遺骨は海に還る
*好物:チーズ・白菜・ボーロ
*好きな場所:抱っこ、川土手の散歩道
*苦手:暑いところ
ありがとう小春。
いつも一緒におるよ^^
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
メール☆
メッセージやメールはコチラからお願いします☆

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。