パグりずむ

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
20
 
怒涛の一ヶ月半が過ぎました。

毎日が必死で、朝5時に起きても気付いたら外は真っ暗。

あっという間に一日が過ぎて行きます。

よれよれになっている私を見るに見かねて

前回、2時過ぎまでかかって春夫くんはみうっちのことを書いてくれました。

ありがとう。

いつも会社から帰ってからも色々と手伝ってくれて本当にありがとう。



春夫くんの記事でお伝えしましたが、

みうっちがパグ脳炎になりました。

私たちは発症するまで、『パグ脳炎』という名前は知っていても、

どんな病気か?どんな治療か?はたまた、治るのか治らないのかさえも

全く知らない状態でした。



病院でパグ脳炎と診断されてから、インターネットや先生に聞いたりして

色々と分かってきました。

とても参考になったのが、先輩パグちゃんのパグ脳炎闘病ブログ。

先生からは聞くことのできない、自宅での症状や毎日の様子。薬や治療代等・・・

本当に参考になって、これからのことが不安な私たちにとってほんとうにありがたかった。

このブログにも、もしかしたら「パグ脳炎」という検索で来られた方もいるかもしれません。


その方たちのためにも、私たちが知りえた少しでも多くのこと、情報を公開できたらと思います。

春太郎がまだ9ヶ月で手がかかるので中々更新や写真等の情報が少ないですが・・・

そして、パグ脳炎と闘っているパグちゃん。パパさん ママさん。

少しの情報でもかまいません。もし知っていることがあればぜひコメントお願いします。

大切な小さな家族と少しでも長く幸せな時間を過ごすために。

一緒に闘っていきましょう。



原因不明の病。

治療不可能、延命しかできない現況。

発作、投薬、徘徊、寝たきり・・・

だんだんと弱っていく姿を見ても、どうにもしてあげられないもどかしさ。

昨日まであんなに元気だったのに。


辛いですよ。

言葉が分からない故に、

どうしてほしいのか。

どこか痛いのか。

辛いのか。

苦しいのか。

分からないから 余計につらい。


うちは春太郎もいるので

両方が中途半端になって

どちらもかわいそうになるときがあります。

私にとっては なによりもそれがつらい。


みうも春太郎も心から愛しています。


欲張りかもしれませんが、二人とも限られたこの時間。

『今』しかないこの時を 後悔無く過ごしていきたいと願っています。



病院からの帰り道、泣きました。

春太郎を春夫くんの会社でみてもらっていた1時間、みうと二人きりになって

穏やかな寝顔を見て気が抜けた瞬間、涙があふれてきました。


それ以来、私は泣いていません。


誰よりもみうと一緒にいた時間が長かった。

誰よりもみうが信頼してくれている人間。

その私が みうを信じないと、誰が信じるか?


だから、みうは大丈夫だと誰よりも信じることに決めました。


大丈夫。

母さんが守ってあげるけんね。大丈夫よ みう。

みぃんな応援してくれとるよ。がんばろうね みう。


たくさんの人に支えられて、これからも春家はみぃんなでがんばります^^

みんな本当にありがとう。これからも甘えま~~す^^


次回から 発症からの症状を記録します

スポンサーサイト
    11:05 | Comment : 12 | Top
 
09
 
あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。



更新を怠っており 本当にすみません。

更新を待っている方もいるにもかかわらず申し訳なく思っています。

今日は が多忙のため 春夫 が初めて書きます。



実は先日 みうっち がパグ脳炎を発症してしまいました。

・・・えっ? ・・・んっ? ・・・なに?

病名を聞いたとき私たちの頭の中が真っ白になりました。




■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
現在みうは元気です。
隣でいびきをかきながら寝ています。
(パグ脳炎発症から1ヶ月と2日)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



12月6日(月)

PM3:30

トゥルゥルゥルゥルゥ~、トゥルゥルゥルゥルゥ~

春からの電話でした。

私はいつものように電話を取り

春夫「もしもし?」

  「あ!もしもし、さっきね~みうが痙攣を起こしたんじゃけど~」

私たちは原因も全く分からずとりあえず仕事が落ち着いたら動物病院に連れて行ってみようという感じでした。



PM4:30

掛かり付け動物病院へ行き診察をしてもらいました。

その時は状態も良く特に症状らしきものは見受けられなかったため

念のためと血液検査をしました。結果は至って悪いと事もなく正常値でした。

先生と次に痙攣があった時にはビデオを取ることで一時帰宅しました。



PM6:00

会社に寄り残った仕事を済ませて帰宅して数分もしない間に2度目の痙攣

春がビデオを取りすぐに動物病院へ連絡しました。

すると「すぐに診察をさせて下さい。」との事でした。


PM6:10

病院へ到着。

診察を待っている間にもし痙攣が起こったら声を掛けて下さい。


PM6:20

恐れていた3度目の痙攣でした。

すぐに声を掛け診察室へ。

痙攣の状態を見てパグ脳炎の可能性が非常に高いとのことでした。

運良くそこの病院はMRIを備えてある病院ですぐにMRIと脳髄液の検査をしました。


・・・・・待つこと 1時間半


沈黙が数十秒続き、先生が重い口を開き、ほぼ間違いなくパグ脳炎でしょう。

MRIを見て大脳に炎症があります。

先生は色々と説明をしてくれたのですが私たちは頭の中は真っ白。


みうは緊急入院。



先生はもしかしたらこのまま悪化し、死に至る場合もあると告げられました。

帰りの道中、は大泣き。私も涙をこらえるのに必死で家路に着きました。



これからみうの闘病生活がはじまりました。
    00:13 | Comment : 10 | Top
☆☆☆☆☆

春


パグとの生活。

春(haru)
*1981.7.15生
*島育ち
*趣味:植木、釣り、写真

春夫(haruo)
*1979.10.8生
*趣味:釣り

パグ
みう(miu)
*春家の2代目パグ
*好物:野菜、果物、豚耳
*好きな場所:海
*苦手:雷、男の人、抱っこ


小春(koharu) 1_20090530180419.jpg
*春家の先代パグ
2008.7.5永眠 遺骨は海に還る
*好物:チーズ・白菜・ボーロ
*好きな場所:抱っこ、川土手の散歩道
*苦手:暑いところ
ありがとう小春。
いつも一緒におるよ^^
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
メール☆
メッセージやメールはコチラからお願いします☆

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。