パグりずむ

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
17
 
今日はみうの一回忌。

あれから一年が過ぎたのか…

まだ、一年かぁ…というのが正直な気持ち


もう5年くらい前のように感じてしまう。
あっという間に過ぎた一年でした。


春夫くんも私も、
みうの闘病中のことをあまり思い出せません。

たぶん、ものすごい必死過ぎて 毎日が緊張していて 覚えることを忘れていたんじゃないかと思います。


だから 思い出すのは元気なころのみうが多くて、

今でもふっと姿を探してしまうことがあります。

今年は私が出産で里帰り、家にはだれもいません。

春夫くんにみうっちの写真を持ってきてもらい、実家でみんなと一緒にいます。

帰ってきてるかな。

線香もお花もあげれてなくて、ごめんね。

でも 今日はずっと想っていたよ。みうのこと。



お空で楽しく過ごしてるかなぁ。

みう、
新しい家族を迎えたんだよ。

みうっちと春太郎と春次郎 三人並んで寝てるの、見たかったな。

『みうがいたら…』って思うこと、たくさんあるよ。

春太郎と春次郎のこと、見守ってあげてね。


神様がいるなら、どうかみうを幸せで包んであげてください。


…と、空に向かって想っていました。


みう、まだ家にいるからなぁ…(^_^;)


春次郎が船に乗れるようになったら 小春姉ちゃんと同じ場所に行こうと思います。

スポンサーサイト
    18:04 | Comment : 5 | Top
 
29
 
春です。

UPが遅くなり、心配してくださっていたみなさんごめんなさい。


春夫くんが書いてくれたとおり17日にみうが虹の橋へ旅立ちました。


長かったのか短かったのか・・あっという間に過ぎてしまった闘病生活。

そして みうとの生活。


DSC01944.jpg



私たちは みうが亡くなった直後、

ようやく苦しさから解放されて良かったと 心からホッとしました。

悲しさよりも先に 「みう~がんばってくれたね~楽になってよかったね~」

と言えたのは

私たちができることはすべてやりきったと、

そう思えたからだと思います。

主治医の先生は 休診日でも診察をしてくれて

私は出来る限り仕事への復帰を遅らせて(社長の協力もあり)

甘え盛りの春太郎も みうのことは理解していたようで

この5ヶ月

春家はみう一色でした。

SN3J0213.jpg

でもね、不思議と 全然負担じゃなかったんですよ。

どこに行くにも 何をするにも みうがいるから制限されていたけど

誰も、何も 苦じゃなかった。

じぃじもばぁばも 春太郎に会いたかったろうけど 一言めはみうの心配だった


春太郎は いつもみうを ヨシヨシしてくれた


DSC01959.jpg


どんな姿になっても ずっとみうは当たり前に家族の一員でした。

葬儀のときは姉ちゃんが駆けつけてくれました。

小春のときもすっ飛んで来てくれて 支えてくれた姉ちゃん。

すごいかわいがってくれたよね


みうが旅立った直後は 平気だったのに

少し時間がたった今、

なんとも言えないさみしさが こみあげてきています。

言葉に出すのが怖かった

言ってしまうと 止まらなくなりそうで、

どうにもできないから なおさら。


みう。
3_20110529144239.jpg

やっぱり

さみしいなぁ。


居ないのは

さわれないのは

ここに 居ないのは

さみしいよ 会いたいよ もっと一緒に居たかった!

春太郎とも遊んでほしかった!

喧嘩して、走り回って、楽しい思い出作りたかった!

またみんなで一緒に寝たかった!!

たくさん笑顔、笑い声、見せたかった 聞かせたかったよ

もっと色んなところに遊びに行こうと思ってたのに

いっぱい思いで作ろうと思ってたのに

これから 春太郎とみうっちの成長がなによりも楽しみだったのに!!!


なんでなん・・もっと

もっともっともっと 一緒におりたかったよぉ・・

早すぎるよぉ・・

DSC01905.jpg



みうが居ない家は とても静かで

春太郎が一人でつまんなそうに遊んでいる後姿を見ると

みうが居たらと想像していたり

春太郎の散歩に行くとき みうが居ないか振り返ってみたり

みうの影を探します。

小春のときもそうだったなぁ。

DSC01748.jpg




23日から仕事へも復帰し、

春太郎がいてくれるので バタバタと忙しい毎日を送れているので

少しは気がまぎれるのですが

やっぱり


心にぽっかりと 空白ができてしまったようで・・


小春のときは それはもう言いようがないくらいの空虚感。

気持ち良く抱っこしていた風船が突然割れてしまったような・・


みうはが居ないさみしさは

手のひらから 砂がさらさらと流れ落ちていくような感覚。

じわじわと ひしひしと感じてきます。

DSC00060.jpg


亡くなってから 全然泣いていなかったのに

ここに書くと 気持ちが整理されてきて

感情がぶわっと出てしまって 大泣きしてしまいました。



少しだけ すっきり。



みうに会えてよかったなぁ ほんとに。

DSC01658.jpg

みう、たくさんの友達作ってくれて ありがとうね。

みんないい人。大好きな人。みうのおかげで出会えたよ。

これからも その絆 みうからの宝物だから大切にしていくよ。

DSC01705.jpg
小春姉ちゃんと会えたかなぁ?

田舎のばあちゃんとハナとも会えたかなぁ?

痛いところはもう無いかなぁ?

元気に楽しく遊んでいるかなぁ?

虹の橋で待っててくれるかな?

まだ先になると思うけど 父さんと母さんと春太郎も行くけん。

それまでは こっちでみうと小春の幸せを祈っとるよ。




**************************************************

みうのこと 心から心配してくださったみなさん

メールくださった方

いつも気にかけて 支えてくれて 来てくれたみんな

本当に本当にありがとうございました。




    15:47 | Comment : 7 | Top
 
23
 
短く太い『犬生

私たちはそう信じています。


22_20090711184125.jpg


5月17日(月)AM0:40

みうが春の腕の中で静かに永眠しました。

【享   年】 2歳10ヶ月 5日

平成22年12月6日パグ脳炎で倒れ

【闘病生活】5ヶ月11日


【5月の状況】

※ 診察とは主治医の先生の診察を受け、

  皮下点滴 及び 痙攣抑制等の注射による投与です。

5月5日(木)

 AM8:30  眼振(座薬投与)主治医の先生へ夕方の診察をお願い

 PM4:30  眼振(座薬投与)

 PM6:30  診察


5月6日(金)

 AM7:35  眼振

 AM8:30  眼振

 AM10:00 診察

         眼振頻繁にあり

 PM7:00  診察


5月7日(土)

 AM9:00  診察

 PM6:00  診察


5月8日(日)

 PM12:00 診察

 PM6:00  診察


5月9日(月)

 PM6:40  診察


5月10日(火)

 PM6:10  診察


5月11日(水)

 PM6:30  診察


5月12日(木)

 PM6:30  診察


5月13日(金)

 PM4:00  診察


5月14日(土)

 PM6:40  診察


5月15日(日)

 AM11:40 診察


5月16日(月)

 PM6:30  診察


5月17日(火)

 AM0:40  永眠


注…5月9日以降は眼振が頻繁にありあまりにもひどい眼振の時は座薬の投与も

   していますが記録としては残していません。

   眼振は急に起こる時と体制(向き)を変えた場合に起こる時とがありました。

   痙攣による眼振らしい時には座薬の投与し、比較的軽い場合には様子見でした。



私たちもここまで出来たのも周りの方の励ましや支援があってからこそだと思います。

パグ友達を始め、主治医の先生、看護師さん、身近の方々など

本当に感謝しています。

本当に本当にありがとうございました。



賛否両論あるとは思いますが、二人で話し合いパグ脳炎で悲しんだり

苦しんだり 同じ辛い思いをしてもらいたくないという思いで

みうの脳を主治医の先生を通じて大学の研究に提供することにしました。

一刻も早く、一人でも多く、一頭でも多くのパグ脳炎で

辛い思いをする方が減ることの願いを込めて。


私たちはみうが永眠した朝一番に主治医の先生にみうを連れて行きました。

脳を摘出した後は見た目では目立たなくなるという事でした。

夕方 みうを迎えに行くといわれた通り外見ではほとんど分からないくらいでした。


主治医の先生は涙を浮かべながら、

この子(みう)の痛いところと苦しいところを

  全部取りましたので 楽になったと思います。

経過や会話の流れのあるのでこの言葉だけ聞くとそこまで?と思うかもしれませんが

私たちはこの言葉を聞いた時、先生に診ていただき本当に良かったと思いました。



その夜、

石松ママ、くーさん・パパさん、ムムポン・トッシーさん、ルリさん・父さん、zuluちゃん

もちろん子供たちも同伴で(嬉)

すばるくん・つむじくん、夢夢ちゃん・ナナちゃん、ニコさん・モカさん・あんちん、neroちゃん

8人・8パグ みうも大興奮だったでしょう。


そしてたくさんのお花も

のんさん、kukuさん、ぽっこん、ココナッツジュース家


たくさんの花に囲まれ、大勢の人、パグ達に囲まれ本当にみうは喜んでいると思います。

本当にありがとうございました。

SN3J0986.jpg






みう、本当に今までありがとう。

いい出会い、楽しい日々私たちの心から決して消えることはありません。

本当に良い子だったよね。

1218.jpg


小春姉ちゃんによろしくね。

SN3J0988.jpg


大好きだよ。

P10701921.jpg


遅くなりましたが、まずは春夫からでした。
    22:52 | Comment : 3 | Top
 
01
 
更新滞っており すいません。
毎日あっという間に 時間が過ぎていきます。

みうは、なんとか生きています。

なんとか 生きている状態です。

26日のお昼、まぶたの痙攣があり、おかしいな・・と思っていました。


数日前から 食欲がなくなっていたのが気になっていましたが、


27日、眼振があり座薬を入れて治まる。

首の後ろを触ってみたら 脱水症状があり病院へ行きました。


皮下点滴をしてもらい帰宅。


28日も食べず飲まずが続き、

休診日なのですが、先生が「夕方からなら受診しますよ」とおっしゃってくれたので

病院に着いて受診をしている最中に また眼振。


痙攣を止める注射と、夜の薬を注射してもらいました。


立て続けの発作。


大きな発作は起こってないけど、確実に進行していると。

また、発作は大脳皮質から起こるらしいんですが、みうはその大脳皮質がもう機能しなく

なっているのではないか。この眼振は視床下部からの発作の可能性が高い・・

とのことで。


詳しいことは良く解らないですが、

確実に、病気は進行していて

今まで実感しなかった 「死」を考えてしまって

ぐったり横たわるみうを見て

少し焦り、苦しいか しんどいか 聞くことしかできなくて。

冷えてしまっていた手足をこすって温めてあげることしかできませんでした。


今までは おしっこやうんちのとき、寝たままでもおしりをクイッと上げて

足に付かないようにできていたのですが、

今は 横たわったまま、そのままの体勢でしないといけないくらい

身体が動かなくなっています。


ごはんは 流動食1.5缶から 0.25~0.5缶まで減りました。

体重は・・・4.4キロ。


そしてさっき、また眼振があり 座薬を入れても治まらないので

病院へいって注射をしてもらいました。

今はすやすやと寝ています。



色々と考えることがあります。


色々と・・・



ただただ思うのは、みうが少しでもしんどくないように。

私たちができることを していかなければ。


写真もいっぱい撮りためているのに 全然アップできなくて

みうの姿心待ちにしてくれている方もいらっしゃるでしょう。


今日はこの寝顔。

次またいつ更新できるか分りませんが、コメント必ず読んでいます。

本当にありがとうございます。



SN3J0945.jpg

SN3J0946.jpg
    01:22 | Comment : 3 | Top
 
18
 
みなさんコメント本当に本当にありがとうございます。
先にみうのこれまでの状況等をアップしようと思いつつ
なかなかそれもできないでいます。
写真を待ってくださっている方もたくさんいると思います。
先に、これまでの経過を記録していこうと思いますので返事が少し先になると思います。
ですが、かならず返事しますので これからも応援してくださいね(^-^)
何もできないなんて言わないでください。とっても励まされています。
心の支えになっています。みなさん、本当にありがとう(>_<)



(※いくらママさん、メール送ってるんですがエラーで返ってきてしまいます。
もしよかったらコメントいただけると嬉しいです♪)

*****************************************


発症から2ヶ月と12日。
あっというまに過ぎた・・・けれど、と~~~~~~っても長い時間が過ぎたように思います。
もっと早く、タイムリーに記録しておこうと思いつつ、こんなに時間が過ぎてしまいました・・。

「今」のみうの状況を知りたい人がたくさんいるはず!!
写真を見たい!病状を見たい!!!と思っている人もたっくさんいるはず!!!

ごめんなさい(:_;)なるべく早くまた次の記事が書けるようにがんばります
(実は書いては消えを3回くらい繰り返してます涙)

みう、12日に退院して 発作もなく順調です^^




さて 今日は治療費の覚書。

病院には掲載確認しておりませんので、病院名は伏せさせていただきます。
※ただ、広島で脳神経といえばここ!と言われるくらいの病院で、私個人としてはとても
良く診てくれていると思っています(無愛想で無口な先生ですがとっても誠実ないい先生(^_^))

以下、
日付 合計金額
詳細内容    と見てください。

12月
6日 7,455円     【パグ脳炎発症】1回目の来院・入院
再診600円
血液・生化学検査6500円

7日 76,440円     【退院】MRI・脳髄液検査
入院費3,000円(12/6~12/7)
MRI40,000円
内用薬1,800円(8日分)
脳髄液検査20,000円

10日 2,730円     【ステロイド1錠→2錠へ】前日頻回に発作があり来院 注射後も発作が治まらず入院
再診600円
内用薬2,000円

13日 15,907円     【退院】
入院費9,000円(12/10~12/13)
皮下・筋肉注射4,500円
入院中の内服1,650円

17日 2,940円 
再診600円
内用薬2,200円

21日 5,565円     【初めての座薬】座薬いれても効きが悪く来院して沈静注射。
再診600円 
筋肉注射 1,500円
内用薬 3,200円(4日分+座薬)

24日 6,615円     【元気がなく朦朧】脱水症状のため皮下注射
再診600円
皮下注射1,500円
内用薬2,200円(4日分)
外用薬2,000円(イサロパン)

26日 5,250円        【痙攣止まらず】発作が頻回に起こる。ルリさんに助けを求めて、
初診1,050円            なにかあればここへ連絡して行くように言われていた日曜日も診療している
静脈注射1,050円         病院へ一緒に行ってもらう。その前に、ルリさんの膝の上で失禁。
点滴留置2,100円         座薬3つ入れても効かない。みうは薬の効きが悪くここまで発作が頻回に
酸素マスク1,050円        起こると判明。痙攣鎮静の注射が一番効く。

※ここで、みうは小さな発作も含めて 回数が多いので、脳が興奮している状態が長く続いているのではないかとの見解にて、脳を落ち着かせるためにも、発作が起こると薬で眠らせる処置をとろうと思うので年末年始の長期入院をすすめられた(病院も休みで何かあっても対応しきれない可能性が高いので)



1月4日 1,050円
座薬1,000円

4日 79,275円     【無事退院】年末の発作の影響か後脚が立たなくなり這うようになる
入院費27,000円(12/26~1/4)
静脈・皮下・筋肉注射33,000円
点滴6,000円
内用薬8,000円(15日分+入院中内服)
べッツケアフォーム1,500円(洗い流さないシャンプー)


18日 11,130円    【これまで発作なし!】年末年始の入院が功を奏したのか、発作なくとっても落ち着いている^^足の擦り傷(床ずれ)がひどい
再診600円
内用薬8,000円(20日分)
外用薬2,000円(イサロパン)

28日 15,330円   【肝臓肥大】食欲がなくなり来院。レントゲンで肝臓が腫れているとのこと。副作用の可能性が高いのでステロイド2錠→1.5錠に減らす
再診600円
皮下注射2,000円
血液・生化学検査6,500円
X線撮影3,500円
外用薬2,000円(イサロパン)

2月2日   【久しぶりの発作】前日からゴハンが食べられなく薬も飲めず来院。病院で発作。入院 左目眼球に傷


2月4日 22,995円   【退院】足の床ずれは改善。目の傷は良くも悪くもならず
再診600円
入院費6,000円(2/2~2/4)
皮下・筋肉注射14,000円
点眼薬1,300円(二種類)

7日 12,705円   【少し脱水】薬をもらいに行く。少し脱水なので皮下点滴をした
再診600円
皮下注射2,000円
内用薬9,500円(20日分)

9日 6,814円   【顔面の発作】朝2つ座薬を入れるが安定しなくて病院で注射を打った。一粒ずつ食べれていたゴハンものどの奥に運べなくなり流動食になる。
再診600円
皮下注射5,500円(3回分)
流動食390円(a/d)


10日【左目細菌感染】朝起きると、左目眼球が白く濁って腫れている。病院が休みだが、先生が連絡をくれて急遽入院&瞼の縫合手術をする。

12日 819円
流動食780円(a/d 2缶)

12日 47,460円   【手術成功&退院】縫合手述は成功。痛々しいが、みうは楽になったようで 流動食をよく食べ、入院前よりもしっかりした様子。
再診600円
入院費6,000円(2/10~2/12)
皮下・筋肉注射15,000円
内用薬2,100円(14日分)
点眼薬1,500円(一種類抗生物質)
眼科手術20,000円


以上、これまでかかった治療費。症状等。

    02:18 | Comment : 8 | Top
☆☆☆☆☆

春


パグとの生活。

春(haru)
*1981.7.15生
*島育ち
*趣味:植木、釣り、写真

春夫(haruo)
*1979.10.8生
*趣味:釣り

パグ
みう(miu)
*春家の2代目パグ
*好物:野菜、果物、豚耳
*好きな場所:海
*苦手:雷、男の人、抱っこ


小春(koharu) 1_20090530180419.jpg
*春家の先代パグ
2008.7.5永眠 遺骨は海に還る
*好物:チーズ・白菜・ボーロ
*好きな場所:抱っこ、川土手の散歩道
*苦手:暑いところ
ありがとう小春。
いつも一緒におるよ^^
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
メール☆
メッセージやメールはコチラからお願いします☆

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。